お知らせ

漢方薬の主な4つの種類

こんにちは、山田薬局まつかわ漢方堂です。

この度はホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

7月も終盤に入りかなり暑い日が続いていますが

いかがお過ごしでしょうか?

今年は梅雨が異例の速さで明けてしまったので

まだまだ暑い日が続きますが夏バテや熱中症には気を付けてお過ごしください。

 

山田薬局まつかわ漢方堂は香川県高松市にある昭和四年創業の漢方専門薬局で、

主に漢方薬の製造、販売と漢方相談を行っております。

 

今回は漢方薬の主な4つの種類についてご紹介いたします。

 

1つ目が煎じ茶です。

生薬を煮出して作る本格的な漢方薬です。

少し手間はかかりますが、最も効果的な漢方薬です。

 

2つ目が丸薬です。

生薬の粉末を蜂蜜で固めて粒状にしたものです。

携帯しやすく、飲みやすいのが特徴です。

粉薬が苦手な方におすすめです。

 

3つ目が粉薬です。

粉薬にはエキス剤と散剤の二種類があります。

エキス剤は煎じ薬のエキスを粉にしたもので

溶けやすいのが特徴です。

散剤は生薬を粉砕したもので生薬そのものの香りや

味がしっかりと残っています。

 

4つ目が塗り薬です。

ごま油に生薬の薬用成分を抽出し、ミツロウでかためて、

丹念に練り上げたものです。

手作りですので添加物を一切使用しておりません。

赤ちゃんから安心してご使用いただけます。

 

営業時間9:00~14:00
完全予約制
定休日土・祝